デブ妊婦の妊娠糖尿病とダイエット記録

妊娠糖尿病の食事制限で20kg痩せたのでその記録です。

このブログについて

このブログはおデブちゃんが妊娠した結果、妊娠糖尿病と診断されて散々な目にあったけど心入れ替えて妊娠→出産で20kgダイエットに成功するまでを(と言っても出産後は内容薄い)リアルタイムに綴ったものです。

現在は特にリバウンドもなく、生活も落ち着いてきた(というか慣れた)ので、育児絵日記ブログを立ち上げました。

munyakosan.hatenablog.com

一部の記事は上記ブログにて書き直して投稿予定のため、非表示にしました。

このブログは同じような状況の方が参考になればと思い、食事記録等の記事をそのまま残しておきます。
2人目妊娠ということになれば、再び食事記録のために再更新始めるかもしれません。

さらっとブログのお引越

都合によりブログ引っ越しました。

とはいっても特定の読者もいなかったのでさらっとそのまま移動です。

育児記録については絵日記ブログを別に作ろうと思い始めたので、更新頻度はだだ下がりになります。

遅くなったけど負荷検査は問題なかった

先月末に糖負荷検査の結果を聞いてはいたものの、ブログ書く時間がなかった…。

結果は超あっさり「良くなってますよ〜」と言われる。

……

終わりかーい!!!!

せっかく痩せたから太らないよう頑張ろ…

つわり中は地獄だった糖負荷検査はあっさりおわった

産後に糖尿病にそのまま移行していないかの検査のために再度負荷検査をやってきたわけだが、

エラくあっさりだったナァ!

前回はつわり真っ盛りでやったので途中で吐くわ、食べれないからフラフラするわ、そんな中血を3回も取られるわ間に何もできないわで地獄だった。

前日夜

子どもの着替えとおむつ、自分の荷物をまとめておく

当日

急いで授乳して自分の身だしなみを整える

車に荷物を積む

食べられないので水を1杯

旦那を急かす

子どもを車に乗せる

車で病院へ(30分かかる)

急いで受付(予約時間ギリギリで到着)

採血1回目(空腹時)

極甘サイダー的なのを飲む、一気飲みなので炭酸苦手だとかなりきつい
(私は炭酸より極甘がきつい)

1時間暇
とはいえつわり中と違って元気だし、子ども見てれば割とすぐだった
旦那が横で不妊治療の本読んでた、横に子どもいるのに…

採血2回目(1時間後)

授乳とオムツ替え(これで30分消費)

子どもがグズったのであやす(採血タイムになったので旦那に任せた)

採血3回目(2時間後)

会計(土曜日だったのでクソ混んでた)

結構あっという間だったよ!あの地獄の検査は何だったんだろうな。
というか子ども生まれてから時間の経過があっという間だわ。

ついに20kgダイエット達成!

さて、今朝の体重測定で66kgでした。
年明けのMAX重い時で86kgだったので…

-20kg達成!!!!

内訳は妊娠中13kg(出産前8.5kg、産後1日でそこから-4.5kg)、産後7kg。
2ヶ月程度で7kgって割とハイペースだけど、産後っていう普通ではない状況なのでね。

ブログ名にデブを掲げたけど、半年経たずにBMIが25に…つまりギリギリ標準の域になってしまいました。体脂肪率も33%とちょっと多いけど標準+という域らしい。とはいっても体脂肪率は不正確なのでね。

妊娠中のダイエットっていうと語弊があるけども、食事を制限しなくてはならない状況に置かれたことで意識も変わり、限られた食事でしっかり栄養を摂ることを実行したことで、自然と体重は減っていきました。
心配だった産道の脂肪も問題なく、割とスポーンと赤ちゃん出てきたし。陣痛長かったけど。

妊娠中という医師の管理が行き届いた状況なので、健康的にできたってのはあるかと。
おかげさまで子どもはお腹の中でも順調で巨大児ということもなく、低血糖もなく、先天性の疾患も今のところ見つからず、今も順調に育ってます。

デブかつフルタイムで働いていたので体力減らさずにガンガン体重落とせたけど(むしろ軽くなったので動きやすくなった)、自己判断だけで勝手にやって赤ちゃん低栄養でも困るので、まぁ医師の指示には従いましょう。

産後はそれをベースに母乳のために多めに食べてはいるものの、赤ちゃんの都合で動くのでまぁ思ったようにいい食事はできない…。妊娠中の徹底した食事管理が嘘のように適当。その辺のさっさと食べられるものをつまむ。
ただ、お菓子食べてる暇も全然無いので太らない。
実際のところは置いといて、高カロリーや甘いものについては母乳が詰まるということにしてほとんど食べません。実際食べてみても、ちゃんと時間開けずに授乳してたら詰まる様子は今のところ無いのですが、ダイエットにもなるしストレス溜まらない程度に避けてる。
痩せるためという理由より、それを食べると直ちに影響があるという思い込みの方が続くし。

過去にも一度10kgのダイエットをしたことがあって、その時のモチベーションを生み出してたのが、現夫の「痩せたら結婚する」って言葉。凄いよなぁ、本当に痩せたんだから。ただ、かなり無理したダイエットだったので体調は崩すし、その後激しくリバウンドした上に余計太ったし…。まぁ激痩せも激太りも仕事の事情によるストレスが大幅に絡んでますが…。

せっかく痩せたので後10kg、そして太らないように続けていこうと思います!

近づくGCT(げ、ちょっと炭水化物食べ過ぎ!?)

そろそろ産後のブドウ糖負荷試験の日なんですが、最近の食事といえば…

炭 水 化 物 !!

糖質!
夜はコープ弁当でバランス良くやってますけど、朝昼やばい。ってか朝やばい。
いや、意図的に食べてるとかじゃなくてさ、静かな合間にパクッと…してるとウエーンとか呼ばれるわけで、どんどん簡素になり、授乳したまま片手で食べられちゃうパンとかサンドイッチになっていくわけですよ。
昼間はやっぱり作ってるヒマないからコープデリで夕飯の弁当と一緒に軽食セット持って来てもらって食べてるわけですよ。

でも食わないと母乳出なくなるとか言うじゃん、炭水化物とか食え食え言われたわけじゃん、食べるようにしたら体調良くなったじゃん、もう食べるしかないじゃん…

食物繊維からゆっくり時間をかけて食べましょう…とかもう無理です。
いかに大人しくしてる時に食べ終わるか時間との戦いですわ。

夕飯については夫がいればあやしといて!って頼めるから割とゆっくりしっかり食べられるんですけどねぇ。

まあ、大量に食べる時間もないし、母乳ガッツリ出してるので、体重はジワジワ減ってる感じ。
後10kg落としたいんだけどなぁ…。日に日に重くなる子どもを抱えてるせいか筋肉ついてきたような。
もう少し大きくなって外出が楽になったら運動がてらに散歩…ああ、冬だった。春になったら運動がてらに散歩…花粉症なんだよなぁ…。課題多し。

あれだけ頑張ってた食事管理は…時間があったから出来たんだと実感。低糖質の食材をちょっと遠くまで買いに行ったりね。

糖尿に移行してないことを願います…。

産後ダイエット?途中経過(1ヶ月)と母乳トラブル!?

あらかじめ言っておけば、特別に何かしてはいません!!!

母乳あげるだけ。

ひとまず退院後5kg減りました。

イェーイ(´ω`)

変わったと言えば食事。

妊娠中は炭水化物は必要最低限って言われて過ごしてましたが、炭水化物食べないと母乳の出が良くならないから食え食え、というので食べるようにしましたが…

分泌過多気味でした(´・ω・`)

勢いよく大量に飛び出すので飲みながらむせてて、離したらこぺえ!とか言って吐くので子どもに申し訳ない…。
入院中からほぼ完母になり、あげてもあげても張ってくる胸、乳輪固硬いまま飲ませて切れる乳首、飲んでる口から溢れ出る母乳、そしてまだへたっぴな息子…。
そして自分は出が良くなかったので出るからマシじゃーんと言ってくる義母。出過ぎる悩みは全く伝わらないらしい。貧乳にでかぱいの悩みは伝わらない的な。「コレ食べると母乳よく出るよ!」って…違う、コレ詰まるヤツや!そして勧められるアイスやチョコやケーキ…20kg近く痩せたのにまた肥えさせるのか!?ってかそんなの食べたら乳腺炎なっちゃうわ!

軽く乳腺炎なりかけました

夜にカレーを作ってくれて(意識高い完母の人ならこの地点でアウト)、まあ…断れないし、それしか食べるのなかったし、お腹空いてたし…。調子に乗ったら次の日の朝、右胸がガチガチだし超痛い。キャベツをペタッと貼ってひとまず搾り出すけど、

…アレ?シコリどこ??

確かに痛いけど、明らかなシコリは無く、搾ったら柔らかくなる…けど痛い。頻回授乳でとにかく息子に吸ってもらう。

そして夜寒気が!ヤバイ!!

…体温36.5。熱ねーじゃん!とりあえずあったかくしつつ痛いところ冷やして寝る。そして息子に吸ってもらう。

次の日プチ痛い程度になってたので放置。若干痛みは2週間ほど残ってましたが激痛とかのトラブルは無く。夫が母乳外来はいらないって思ってるようなので、なるべくトラブルは避けたいですねえ、ちゃんと出てるしっていうか出すぎてるし。

っていう生活してたら体重ジワジワ減りました!ブドウ糖負荷試験を11月にやるみたいなのでどうなってるか!…といっても基準が妊娠中から一般のやつになるから大丈夫とは思うけど。(今年の5月の健康診断の数値的にはHbA1c空腹時血糖値も問題なし)